« 【Filemaker】ORやANDの書き方とか。あとPatternCount関数 | トップページ | 【コマンドプロンプト】使う度にググってしまうコマンドのメモ »

2010年8月25日 (水)

【XAMPP】【MySQL】WindowsでMySQLモニタを起動と初期設定【コマンドプロンプト】

図書館で本を借りてきたので、MySQLを勉強する気持ちが再燃してきましたー。
とりあえずWindowsの方が何かと使いやすいので、今度はWindowsでやるつもりで色々設定してみる。

後、パスの通しかたと、rootのパスワード設定とか。

XAMPPを起動し、ApachとMySQLをスタートさせておく。

コマンドプロンプトを起動する

コマンドプロンプトの起動は、
 スタート > ファイル名を指定して実行 > cmd  と入力してok
または、
 スタート > アクセサリ > コマンドプロンプト で。

mysql.exeのあるディレクトリに移動

普通はインストールしたXAMPPフォルダのMySQLフォルダのbinフォルだ内にあります。
移動のためのコマンドは下記の通り。

cd /d [異動先ドライブ名]:異動先ディレクトリのパス

cd:チェンジディレクトリ。ディレクトリ移動
/d:ドライブ移動の為の引数
*[ドライブ名]:の後ろはスペースを入れないように

例)Dドライブ直下にXAMPPフォルダがある場合、下記のように入力

cd/d d:xampp/mysql/bin/

移動に成功すると、 D:¥xampp¥mysql¥bin> の後にカーソルが点滅してるはず

MySQLを起動する

mysql -u root -p

と入力すると enter password  と、パスワードを聞かれるが、デフォルトのパスワードは無しになっているので、何も入力せずにそのままenterを押す。
(macの時はパスワードがあった)

起動が成功すれば mysql> という表示になり、rootユーザーでMySQLにログインした状態になる。

引数の意味は

-u root :ユーザー名はrootですって感じで
-p :パスワード入力するよって感じか?その後にパスワードを入力するから。

引数を忘れて、mysql しか入力しないと、ERROR 1045(28000):Access denied for user 'ODBC'@'localhost'(using password NO)とでます。何回も出したさ!

mysql.exeがbinディレクトリにあるか確認するには、dirコマンドを使う。
dirと入力すると、現在のディレクトリ内(ここではbinフォルダ内)のファイル一覧を表示してくれる。

MySQLの終了
exit

又は

¥q

と入力すると、Byeと表示され、MySQLが終了する。

パスワードの設定

前述したように、デフォルトのパスワードは無しになってるので、セキュリティ上問題があるらしい。
パスワードは設定しておいた方が良いみたい。

config.inc.phpの編集

xampp/phpmyadminにあるconfig.inc.phpをメモ帳等で開く

$cfg['Servers'][$i]['user'] = 'root';

の下にある

$cfg['Servers'][$i]['password'] = '';

の部分にパスワードを設定する。

$cfg['Servers'][$i]['password'] = 'お好きなパスワード';

↑こんな感じ。
念のためPCを再起動。
(再起動しなくても大丈夫な気もするが、ここに辿り着くまで色々失敗しすぎたので再起動してみた)

コマンドプロンプトでのパスワード設定

コマンドプロンプトを開いてxampp/mysql/bin/ ディレクトリに移動。

mysqladmin -u root password [上で設定したパスワード]

と入力してenterを押すとカレントディレクトリが表示される(つまりxampp/mysql/bin/)
これでパスワードの設定はおk

パスワード確認のためにログインしてみる

XAMPPを起動してから、

mysql -u root -p

と入力すると

enter password

と表示されるので、上で設定したパスワード入力すると mysql> という表示に変わる。
MySQLが起動したって事。やったね。

ちなみに、ここ何回も失敗したorz
多分config.inc.phpを変更しなかったせい。多分。
そん時コマンドプロンプト出たたエラー。(意味は分かりませんw
その1
mysqladmin: connect to server at 'localhost' failed
error: 'Can't connect to MySQL server on 'localhost' (10061)' Check that mysqld is running on localhost and that the port is 3306.You can check this by doing 'telnet localhost 3306'

その2
ERROR 2003 (HY000): Can't connect to MySQL server on 'localhost' (10061)
その3
mysqladmin: connect to server at 'localhost' failed
error: 'Access denied for user 'root'@'localhost' (using password: YES)'


自分が出したエラーの半分近くはXAMPPを起動してなかったのと、-u root -p の引数の入力忘れだったので、エラー出る場合はこの辺り用確認です(そんな間抜けしねーよwってのが普通かもしれんがなーorz

パスを通す

mysql.exeを起動するのに、一々mysql.exeのあるディレクトリに移動するのは面倒。
なので、ディレクトリを移動せず、コマンドプロンプトを開いてすぐ mysql -u root -p でMySQLを起動できるようにする。
これを「パスを通す」って言うらしい。

環境変数の設定
  • マイコンピュータ > プロパティ > 詳細設定 > 環境変数 をクリック(下の方にあります)
  • pathという変数がある場合
     編集をクリックして、既に入力されている文字列の最後に ; を追加し、その後にドライブ名からbinまでのパスを入力する。
  • pathという変数がない場合
     新規をクリックし、変数名Path、値にドライブ名からbinまでのパスを入力してok
  • パソコンを再起動する。
パスが通ってるか確認

XAMPPを起動させてからコマンドプロンプトを開いて mysql -u root -p パスワード入力して >mysql となれば出来上がり。

ちなみにMACでも「パスを通す」ってのはあるらしいが、自分には出来ずでしたorz

参考サイト
理者アカウントのパスワード設定/AdminWeb
XAMPP Windows版FAQ/ApachFriends(XAMPP公式)
XAMPPのインストール手順/Web2.1

関連記事
【コマンドプロンプト】使う度にググってしまうコマンドのメモ
MACでMySQLモニターを起動してみた時の記事
【MAC】基本操作メモ【ターミナル】

|

« 【Filemaker】ORやANDの書き方とか。あとPatternCount関数 | トップページ | 【コマンドプロンプト】使う度にググってしまうコマンドのメモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【XAMPP】【MySQL】WindowsでMySQLモニタを起動と初期設定【コマンドプロンプト】:

« 【Filemaker】ORやANDの書き方とか。あとPatternCount関数 | トップページ | 【コマンドプロンプト】使う度にググってしまうコマンドのメモ »